ニキビ跡のクレーターはレーザー照射による治療法が効果的です。
ですが、治療の後のアフターケアも大事になってきます。
そこで、ニキビ跡のクレーターを悪化させないために、普段の食事では何を食べればよいのでしょうか?

ここでは、食事に含まれている成分にも注目しながら、ニキビ跡のクレーターを悪化させないためのおすすめの食事をいくつか紹介します。

●うなぎやレバーといったビタミンAの食材を摂る
ビタミンAを摂取することで、肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。

●レバーや納豆、ミルク、魚、落花生といったビタミンBの食材を摂る
ビタミンBは代謝をアップさせるだけでなく、皮脂の分泌量を制御してくれる効果があります。
そのため、新たなニキビ予防にも効果のある栄養分なのです。

●フルーツや野菜などのビタミンCの食材を摂る
ビタミンCはニキビの原因である活性酸素をなくしたり、肌の代謝を上げる効果が期待できます。
美白効果もある成分で、肌にとっては欠かせない栄養成分です。
シミなどの色素沈着によるニキビ跡には効果的です。

●コラーゲンを含む食事を摂る
フカヒレ、ゼラチン、豚足、手羽先、鶏ウナギ、カレイといったもの。
クレーターのようなニキビ跡はコラーゲンの補給が効果的です。

●1日3食 バランスのよい食事を心がける(和食は自然とバランスよくなります。)
炭水化物や糖分、脂質などバランスのよい食事を摂ることは大前提。
その上で、ビタミン類などを補っていくようにしてください。

●油脂が多い食事は控え、便秘にならないような食事を日々心がける
これも肌荒れやニキビ予防に大切なことです。