ニキビ跡のクレーターができた場合、皮膚科とエステにどっちにいけばよいか悩まれる方も多いようです。
そこで、ここでは両者の治療内容はどう違うのかを簡単に紹介します。

【皮膚科の治療の場合】
●ピーリング治療 (肌表面の角質層をはがし、皮膚の入れ替えを行う。)
主に肌の代謝アップやターンオーバー促進作用が期待できる。
・薬剤やフルーツ酸を使うケミカルピーリング
・アルミの微粒子を使用するクリスタルピーリング
・ダイヤモンド粒子を使用するダイヤモンドピーリング
・レーザーを使用するマックスピール
といったものがあります。

●レーザー治療 (光を患部に照射することで、症状を改善する治療法。)
比較的短期間で治療できるのが強み。
・炭酸ガスレーザー
・Vビームレーザー
・クールタッチレーザー
・ブリッジセラピー
・フラクセル
・フラクショナルレーザー
といったものがあります。

●光・高周波治療 (顔全体に波長が広い光を照射することで、多くの肌トラブルを一度に解決できる効果が期待できます。)
肌への負担が少ない治療という点が強み。
・フォトRF
・クリアタッチ
・フォトフェイシャル
・サーマクール
・イントラセル
といったものがあります。

●その他
・イオン導入
・ダーマローラー
といったものもあります。

【エステサロンでのコースの場合】
・クレンジング
・毛穴吸引
・超音波クレンジング
・イオン導入
・リンパマッサージ
・ビタミンC誘導体
・保湿パック
といったものです。

ニキビ跡の治療というより、その後のニキビを出来づらくしたり炎症を起こさないようにする効果が強いのが特徴です。