ダラシンTゲルといえば、一般的にニキビ前に処方される薬。
そこで、疑問に思うのが、ニキビが炎症してしまった後に出来るニキビ跡には効くかどうかということ。

実際、
「ニキビ跡のクレーターにダラシンTゲルは効くのでしょうか?」
「ダラシンTゲルって、どんな薬なの?」
といった質問をされている方が多くいます。

ここでは、ダラシンTゲルについて紹介します。

ダラシンTゲルは、リンコマイシン系の抗生物質でニキビの原因であるアクネ菌やブドウ球菌といった細菌をやっつけて、炎症を抑える薬です。
そのため、出来始めのニキビや炎症前のニキビに対して炎症を起こさず改善する効果が期待できます。

では、ニキビ跡のクレーターにはどうでしょうか?
ニキビ跡のクレーターというのは、炎症がすでに終わって跡として残っている状態。
つまり、炎症を抑える薬であるダラシンTゲルでは、まったく効果がないのです。

しかし、ニキビ跡でもクレーターになる前の炎症が続いている状態であれば、効果は少しばかり期待できます。
ですが、どちらかというと赤ニキビや化膿状態のニキビに対して効果が期待できる薬なのです。

ダラシンTゲルは抗生物質なので、むやみに使用すると耐性菌ができてしまう恐れがあります。
きちんと、医師に処方された通りに使い、疑問に思った場合は必ず医師に尋ねて使用を決めてください。
ダラシンTゲルの副作用についてはこちらが参考になります

ニキビ跡に対しては、普段のスキンケアが大切。
正しいスキンケア方法を尋ねたりしてみることも改善への近道です。